コスモウェーブ

一緒に購入されている商品

広帯域アンプ パーツ実装基板 LPA-G39WC

LPA-G39WC

3,600円(税込3,888円)

在庫状況 売切れました

新型に移行のため、販売終了

広帯域プリアンプ(300MHz〜8GHz)・パーツ実装済み基板
テフロン基板仕様
この商品はパーツ実装基板です

新型です。高利得でローノイズ、広帯域のプリアンプです。

広帯域ローノイズアンプ 300MHz〜8GHz

高利得でローノイズ、広帯域のアンプです。
消費電力も少なく、35dBの高ゲイン(1GHz)、
NF3.5dB(TYP)のローノイズです。

周波数:300MHz〜8GHz
ゲイン:35dB(1GHz),25dB(5GHz) ,20dB(8GHz)TYP
NF:3dB(1GHz) TYP
P1dB:+7dBm
最大入力:0dBm
飽和出力:12dBm
電源電圧:12V〜24V 60mA
インピーダンス:50オーム
基板サイズ:15mm×25mm

※この商品はプリアンプユニットです。スルー回路等は実装されておりません。
実験等、詳しくは下記のホームページをご参考にしてください。
広帯域アンプの製作

基板は必ずシールドケースに入れてください。
専用ケースとSMAコネクターの使用をお勧めします。
専用ケースより基板がほんの少し大きいことがあります。
丁度のサイズになるように、ほんの少し基板の周囲を紙やすり等で削ってください。
基板は薄く弱いので、基板に無理な力が加わると、実装しているチップ部品にクラックが 入って、故障することがありますので、注意してください。
金属ケースにはネジで止めてください。
本当に、細心の注意をして作業してください。

専用ケースには貫通コンデンサーが有りますので、そこに電源線をつなげて下さい。
基板はマイクロストリップラインになっていますので、インピーダンスが乱れないようにしてください。
安易に同軸を二股に撚って付けたりすると、大幅に性能が劣化しますので、もし同軸を直接使う場合は、テフロン同軸をハンダメッキするか、セミフレキ、セミリジッド(2mm程度の太さ)をお使いください。


イメージはありません。

レビューはありません。

一緒に購入されている商品

カテゴリーから探す