コスモウェーブ
直下リニアアンプ 直下プリアンプ ご使用上の注意
 
● 直下リニアアンプの設置上の注意
 
・必ず設置前に、数日間は卓上試験を行ってください。
 
・アンテナは八木アンテナ、またはモノバンドGPを使用してください。
(マルチバンドGPはお勧めできません、他の電波の周り込みでプリアンプが破損することが有ります)
 
・他のアンテナと十分距離を離してください。上下でも数m以上
(プリアンプに強力な電波が入ると、他の周波数であっても壊れます。
他の周波数を運用しているときは、プリ、リニアアンプの電源は必ずOFFにすること)
 
・無線機の電源とプリ、リニアアンプの電源は必ず共通にしてください。
(もし別電源を使う場合は、マイナス側は必ず太い線で共通にしてください。回り込み防止)
 
・DCケーブル、STBケーブルを長く設置する場合、コモンモード対策を行ってください。
(回り込み防止、誘導雷防止、低い周波数またはコモンモード電流で故障の原因になります)
 
・安定化電源(無線機)のAC側に避雷器(アレスター)を設置してください。
設置している、全ての無線機、安定化電源に必要です。
(プリアンプは誘導雷、サージに弱い、GND側からのサージ防止)
 
・同軸避雷器を設置することをお勧めします。
(プリアンプは誘導雷、サージに弱い)
 
・タワー、ルーフタワーの接地は十分行ってください。
(プリアンプは誘導雷、サージに弱い、回り込み防止)
  
● 直下リニアアンプの運用上の注意
 
・PTTを模範にON、OFFしないでください。
PTTをカチャカチャと押すと、同軸リレーの切り替えのタイミングがズレて、プリアンプ破損の原因となります。
 
・SSBで使用する場合は、必ず強制スタンバイで使用しPTTをONの後、一息ついてから発音すると、安全です。
 
・スルー回路の通過電力は最大10Wです。10Wを超えないようにしてください。
 
● その他
 
・無線機、または安定化電源にAC漏れが有ると、微電流でもプリアンプ等は壊れます。
AC漏れが無いかご確認ください。
 
・雷鳴が有るときは、無線機から同軸ケーブルを外し、安定化電源(無線機)のAC側を抜いてください。
(AC100VのN,L、GND共に切る事)
 

カテゴリーから探す